スキンケアに関しまして

私のスキンケアは、美顔器を使い行います。

30代後なので、コスメティックだけでは限界を感じるからです。

常々育児に追われてなかなかお忙しいときもありますが、お肌を磨き、自負がついて幸せな期間を過ごせるようにしています。

また常々、お肌を磨き心情まで磨いていきたいだ。

スタイリッシュも好きなので、夫人になってもスタイリッシュで綺麗に生まれ変われるように毎日がんばってます。

また、常々素敵なニーズをもてるように、なんにでも興味を持ち、何にも挑戦していきたいですし、心に熱狂を様々持てるようにしたいし、毎日明るく努力しています。

サラリーマン生育論

学生時代から読んでいる4コマコミックで「サラリーマン促進論」という当があります。

読んで字のごとく、サラリーマンちゃんの会社であるキャリア中心に描かれているのですが、学生時代は「あぁ大人になったらこうしたやりくりです」と勘違いしていました。

毎日勤務してお茶を入れて複写を取って、時たまおつかい頼まれて出発ついでにお茶…

誠に言うバブル時代のサラリーマンちゃんなんでしょうか。

今日、社会人になってこうしたやりくりはかけ離れたサラリーマンくらしを送っていますが、実に何で想像していたものとは違うもののそれなりに面白く過ごしております。

今日のやりくりを4コマにしたら20階級のち「こうした年があったの?!」って言われちゃうのかもしれませんね。

クロワッサンドーナツ

まだまだ色々なおストアでクロワッサンドーナツを見るようになりました。

甘い物も楽々した物も大好きな私にとってはなんて素敵な大人気!

と大安らぎで、とことんあちこちで買って食べていました。

けど、きのう仲よしってミスドに行った年月、ぐっすりこんなハイカロリーな物食べられるねと言われて、そういえばカロリーのことは全般考えていなかったことに気づかされました。

そうよなー。ただでさえバターたっぷりのクロワッサンにクリームはさんです上にチョコとかシロップがっちりかけたら高カロリーにもなるに決まってます。

帰って人知れず調べてみたら、その日食べたドーナツは400kカロリー飛び越えでした。

怖い!

もうまいんですよクロワッサンドーナツ!

これからはなんとなく食するサイクルを下げて、惜しくも運動することに決めるっと。

高校になった途端に消費だらけ

嬉しい悲鳴はこういうことかもしれません。

ハイスクール受験に受かり晴れてこの春から高校になった子供ですが、男子だけに食べっぷりも半端なくお弁当が大変です。

2段弁当で部下はご飯にごま塩をふりかけて、上には副食を詰めています。

これだけでは足りないらしく、ブレイクタイムに食するおにぎりも持って行きます。

これだけで弱く1合以上は消え去り、他に朝夕のご飯も考慮すると今年はお米国の収まりがまだまだだ。

お弁当の分だけ減っているのでしょうね。

小中までは給食費を支払っていましたが、今のお弁当にかかる話題費はそれ以上に因ると感じます。

これも健康である確約と捉えなければいけませんね。

久方振りの外食

やけに久しぶりに外で夕ごはんを食べました。

各回思うのですが、大概のお店先ではつい物足りなくて、普通帰郷下部も何かを食べてしまう。

身がやつから大食いだからなのかもしれません(苦笑い)。

外食は某喫茶店でピザをいただきましたが、どうしても帰郷下部お腹が空いてきました。

で、普通お風呂上りにビールというおつまみを食べてしまっています。

もしも後2週しか生きられなかったら何を後悔するかの問合せを身は折々自問してみます。

普通各回、身は美味しいものをずっと食べたかったというソリューションに絶えずなります(どんだけ食い意地がはっているのか(笑))。

なので、できる限り美味しいもの(高価なディナーということではありませんが)を食べていきたいとしていらっしゃる。

ダイソーのシリコン製ゴムべら

最近の100円ストアーはうだうだ出ていますね。

私も近所の100円ストアーに一心に行きますが、最近の極秘当たり物はこういうシリコン製ゴムべら。

ゴムべらと書いていますが、商標は「ターナー」になっていますけどね。

シリコンなので沸騰した鍋やフライパンといった熱いところで使ってもOK。

カレーの鍋底をこれで拾い上げるというすごくきれいになる上に洗うのも楽になります。

軟らかいのでスイーツ創造のゴムべらとしても使えますよ。

上便利なのが飾り弁一品。

おにぎりにのりパンチで顔を付けるだけで可愛くなりますね。

お店先によっては飾りふりを取り扱っている場もあります。

ドラえもんを設ける時に使う青は飾りふりしかありませんから。

バスルームのカビ退治

雨が続いてうっとおしい毎日。
なんとなく気分が沈み勝ちな私とは対照的に、こんな時期にはお風呂場のカビが元気になります。
でも、ことしのカビそうじは明るい気分でできます。
先日テレビでやっていたのですが、お風呂のカビは50度のお湯を5秒間かければ死滅するのです。
もう目から鱗です。
そうです。
カビは菌なのですから高温で殺菌すればよいのです。
煮沸消毒です。
とはいってもバスルームを丸ごとお鍋で煮立てるわけにはいきませんから、お湯をかけます。
沸騰したお湯ならもちろんカビをノックアウトできますが、それでは、パッキんなどの材質を傷めてしまう惧れがあります。
で、50度5秒間。
カビは死んでも黒くついてしまった色は落ちないようですが。
という訳で、まずはお馴染のカビ取り剤で黒い色と表面のカビを退治して、次にお湯でじっくりパッキンや目地の奥の方のカビをやっつけるのです。
カビが生え易い所すべてにまんべんなく5秒間づつおゆをかけるのは結構時間がかかり浴室が温まるのでかなり汗ばみましたが、効果ありです。
後は時々50度5秒を実行してカビの復活を予防します。
今まであんなにカビ取り剤を使って時には気分が悪くなったりしていたのは何だったのでしょう!
空は曇っていても気分すっきりです。